尾道市のインプラントは河上歯科医院へ。

インプラントQ&A

Contents Menu インプラント
インプラント治療後のトラブルについて 歯牙移植 歯周再生療法 レーザー治療 サイト監修:河上歯科医院
美容診療専門サイト
小児歯科専門サイト
インプラント BLOG
Mobile Site

尾道市 河上歯科医院のモバイルサイトです。QRコードを読取ってください。

インプラントQ&A

インプラント治療は誰でも受けることができるのでしょうか?
他の歯科治療とは異なり、手術を伴う治療であると同時に、治療終了後も十分なケアが必要です。高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患、喘息等の呼吸器系疾患、糖尿病や骨粗鬆症の疾患、腎臓や肝臓の機能障害がある場合には注意が必要です。
また、現在服用されている薬によっては、インプラント治療が適さないこともあります。
インプラント治療を担当する歯科医師から全身状態や服薬状態について聞かれた場合には正確に答えてください。
インプラント埋入予定部位に十分な骨が存在しない場合には、インプラント治療を行うことが困難です。インプラント埋入手術前、あるいは埋入手術と同時に骨を造るための手術を行うことで、インプラント治療を行うことで、インプラント治療を行うことが可能ですが、患者様の負担が増加します。さらに歯周病に罹患している患者様や喫煙される患者様においてはおすすめできません。歯周病に罹患している場合は歯周病の治療を優先して行い、喫煙されている場合は減煙あるいは禁煙してからインプラント治療を受けることをお勧めします。
インプラント治療の費用について教えてください。
通常のインプラント治療には健康保険が適用できませんので、全額患者様負担の自費治療となりますので、治療費は高額になります。
インプラント治療の治療期間について教えてください。
インプラント治療においては、治療開始から治療終了までの期間は個々の症例によって異なります。顎の骨にインプラントを埋めてから、インプラントに骨が結合するためには一定の期間が必要であり、この期間はインプラントを埋めた部位の骨の状態に影響されます。
また、インプラント治療部位の骨の増成が必要な場合には、さらに治療期間が延びることになります。インプラント治療を受ける前には、治療期間についてもしっかりと確認してから治療を受けるようにしてください。
インプラント治療の前にCTを撮る必要があるのでしょうか?
CTを撮影することで上顎、下顎の骨の3次元的構造、骨の内部にある神経や血管の走行、さらにインプラント埋入予定部位の周囲の組織の状態が明らかになります。全ての症例にCT撮影が必須であるとはいえません。しかし、CT撮影することで顎の3次元的な解析が可能ですので、患者様一人ひとりに合ったインプラント治療へとつながります。
インプラント治療後の注意を教えてください。
インプラントは骨としっかり結合しますが、天然歯と比較すると粘膜との結合が弱いため感染し易い欠点があります。したがって歯ブラシやその他の器具を用いた患者様自身による毎日の口腔清掃が重要です。さらに治療後の良好な状態を長期継続するためには、定期的な経過観察(メインテナンス)が欠かせません。患者様自身による口腔清掃が十分でない場合、あるいはまた定期的なメインテナンスが行われない場合、問題が起きる可能性が高くなります。
インプラント治療を受けた場合、MRIやCTによる画像診断への影響はありますか?
チタンあるいはチタン合金のインプラントを用いてインプラント治療を受けた場合、そのインプラントがMRIによる画像診断に影響を及ぼすことは少ないです。しかし、インプラントの上部に磁石が付いた構造物が装着されている場合には、MRIの画像が乱れることがあるので、注意が必要です。
また、チタンのインプラントが埋まっていることによって、CTによる画像診断が影響されることもあります。
インプラントの材料は何でしょうか?
なじみやすく骨と結合することから、現在インプラント材料としては主にチタンあるいはチタン合金が使用されています。
インプラント治療の利点は何でしょうか?
インプラント治療の利点は義歯をしっかり固定できることです。インプラント治療においては残っている歯を削ったり、残っている義歯を安定させるための装置を付けたりすることは、少ないです。残っている歯に負担をかけずに治療を行うことができることもインプラント治療の利点です。
インプラント治療の欠点は何でしょうか?
インプラント治療の欠点として、インプラントを埋入するための手術を受ける必要があるため、全身が良くない場合には適用が難しいこと、治療期間が長いこと、治療費が高額であることが挙げられます。現在のインプラントは骨に結合するのですが、粘膜との結合が強くない為、天然の歯に比較すると感染に弱いことも欠点です。インプラント埋入予定部位に骨が少ない場合、治療が困難であることも欠点です。
また、インプラント治療において問題が起きた場合にはその問題の解決が難しいことも欠点です。
一度入れたインプラントに寿命はありますか?
患者様のお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。
手術の時は痛くないでしょうか?時間はどのくらいかかりますか?
手術の時は麻酔をしますので痛みは緩和されます。時間はインプラントの本数や、諸条件によりますが、インプラント2~3本で通常1時間半以内には終了します。
治療中は3~6カ月歯のない状態で過ごさなくてはなりませんか?
いいえ。この間は仮の入れ歯を使用することができます。
治療後、どれくらい仕事を休まなくてはなりませんか?
休む必要はないと考えます。ほとんどの方が次の日から出勤されています。
治療後、禁煙した方がいいですか?
禁煙することをおすすめします。喫煙はインプラント治療に悪影響を及ぼします。
Page Topへ戻る