尾道市のインプラントは河上歯科医院へ。

料金表

Contents Menu インプラント
インプラント治療後のトラブルについて 歯牙移植 歯周再生療法 レーザー治療 サイト監修:河上歯科医院
美容診療専門サイト
小児歯科専門サイト
インプラント BLOG
Mobile Site

尾道市 河上歯科医院のモバイルサイトです。QRコードを読取ってください。

料金表

インプラント治療の費用は、患者様の口腔内の状況や顎の骨の状態によって異なります。
治療費用は手術前の診断から骨造成治療、インプラント埋入、人工歯製作などさまざまなステップがあり、トータルでいくらかかるかが問題です。また使用するインプラントの種類によっても費用が異なります。

(表示料金は全て税別表示となります。)
埋入手術
スタンダードオペ(臼歯、前歯) 平均治療回数 10回 ¥200,000
リスク・副作用 症状や疾患によって適応出来ないことがある
インプラント周囲炎が起こることがある
インプラントを維持するために手入れと定期検診が必要
(表示料金は全て税別表示となります。)
上部構造(被せるもの)
オールセラミック
(金属を使用しない見た目にこだわった自然な色調)
¥130,000
メタルボンド(セラミック) 前歯 ¥100,000
メタルボンド(セラミック) 臼歯 ¥100,000
ハイブリッド (透明感が少し劣りますが少し柔らかいです) 前歯 ¥70,000
ゴールドクラウン(臼歯) ¥70,000
アタッチメント(入れ歯の固定) ¥60,000
マグネット ¥100,000
平均治療回数 2~3回
リスク・副作用 歯に強い負荷がかかると、破折する恐れがあります。
また、処置をする箇所によって向き・不向きがあります。
(表示料金は全て税別表示となります。)
骨が足りない場合の造骨手術(補助手術)
サイナスリフト 上顎の骨の厚みを増す手術
リスク・副作用:術後の腫れや痛み、内出血などを生じることがあります。
¥200,000~
ソケットリフト 歯槽骨頂から骨量を増やす
リスク・副作用:副鼻腔炎が起きる可能性があります。
¥50,000
GBR 骨の厚みを増す手術
リスク・副作用:痛みや腫れが続く場合があります。
¥100,000
PRP 血液から血漿を取り出し濃縮させ造骨と改善を促す
リスク・副作用:凝固剤として添加物を加えなければ使用出来ません。
¥30,000
(表示料金は全て税別表示となります。)
歯科用レーザー
標準料金 ¥10,000
リスク・副作用: 従来のドリルと比較すると多少治療時間がかかります

治療費用は一般的に1本あたり30万円~40万円程度です。しかしインプラント治療は自由診療ですから各医院によって当然治療方法、治療費は異なります。
必ずしも高い治療費を出せばいい治療が受けらるという事ではありません。
アフターケアも受けられる歯科医院を選ばれることをおすすめいたします。

医療費控除について

インプラントの手術後の注意事項

インプラント治療は医療費控除の対象となります。
簡単な確定申告でお金が戻ってきます。
(例)インプラント治療費100万円の場合
(注:家族構成やその他の要因で異なります)
所 得  減税額(お金が戻る額)
500万円  約18万円
700万円  約27万円
1,000万円 約30万円
1,500万円 約39万円

申告の期間

1年間(1月1日から12月31日)に医療費として支払った金額が、10万円以上200万円までが対象となります。(年収によっては10万円以下でも可)申告の期間:過去5年間さかのぼって有効です。

医療費控除額

医療費控除額=
(支払った医療費の額-保険金等で補填された額)-10万円or合計所得金額の5%のいずれか低い金額
(保険金等の例:生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など)
(最高200万円)インプラント治療においても適応されます。

家族も医療費控除の対象となります

本人の医療費のほか同一家計で配偶者や親族の医療費も対象となります。妻に所得があり扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。

交通費も控除の対象になります

歯科クリニックまでの交通費も控除の対象となります。
日時・歯科クリニック名・交通費・理由を領収書の裏面に記載しておいてください。

  • (注)車で通った場合のガソリン代・駐車場代は控除の対象となりません。

ローンでの支払いも控除の対象になります

  • (注)金利、手数料等は医療費控除の対象になりません。

申告方法

  1. 地域の税務署や申告会場へ直接提出する
    各税務所の所在地(http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
  2. 郵便
  3. インターネット オンライン申請の「e-tax」(http://www.e-tax.nta.go.jp/

上記3つの方法があります。

  • 直接税務署の申告窓口で相談しながら記入することができます。

市区町村によっては、相談会場を設けてくれるところもあります。各税務所にお問い合わせください。

Page Topへ戻る