尾道市のインプラントは河上歯科医院へ。

歯周再生療法

Contents Menu インプラント
インプラント治療後のトラブルについて 歯牙移植 歯周再生療法 レーザー治療 サイト監修:河上歯科医院
美容診療専門サイト
小児歯科専門サイト
インプラント BLOG
Mobile Site

尾道市 河上歯科医院のモバイルサイトです。QRコードを読取ってください。

歯周再生療法

一度歯周病で失われた歯周組織を再生して抜歯予定の歯を保存することが可能になりました。
歯周病が進行すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨といった歯周組織が破壊されます。
歯周病治療として細菌を歯周ポケット下から除去することにより、歯周組織の健康は取り戻せますが、ひとたび失われた歯周組織は自然には元の状態へ戻ることはありません。
歯周組織の破壊の程度が局所にとどまっている段階であれば歯周組織を再生させる方法を取り入れて歯を残すことが可能です。

歯周組織再生法には

  1. GTR法:人工膜を歯肉と歯根膜、歯槽骨の間に入れる方法
  2. エムドゲイン®療法:歯根にジェル状の薬剤を塗る方法

治療の流れ

歯周病の治療では、原因であるプラークを取り除いて、歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)の炎症を抑えることが基本となります。
プラーク除去として歯周ポケットの細菌を取り去る。 スケーリング(歯石除去)

壊死したセメント質を除去し、歯根をなめらかにする。 ルートプレーニング

炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合に、歯周の外科手術(この手術の際にDTR法やエムドゲイン®療法)といった歯周組織再生誘導材料が手術治療の補助するために用いられます。

CGF再生療法(次世代PRP再生療法)

血液中に含まれる血小板フィブリン。これらは止血に重要な役割を果たします。

自分の血液内から濃縮された止血成分を取り出して使用することでインプラント手術時の傷の改善を促したり、骨や歯周組織の再成・改善を早めます。

PRP再生療法とは

PRP療法とは患者さま自身の血液を使用した再成療法のひとつです。血小板を濃縮したPRP(Platelet R:ch Plasma : 多血小板血漿)を用います。血小板に含まれている細胞増殖因子が骨や歯茎など歯牙周囲組織の再生や改善を促します。

手術後の改善を促すPRP療法ですが、機械の扱いが難しかったことと、凝固剤としてウシやヒトのトロンビン(たんぱく質分解酵素)などを加えなければ使うことが出来ない点がデメリットでした。

CGFの活用方法

CGF再生療法には、以下のようなメリットがあります。

  • 骨を増やしたい場所に埋め込む
  • キズの改善を促すために、骨充填剤(人工骨)と混ぜる
  • 骨誘導再成法(GBR)を行う際の骨造成を誘導するためのメンブレンとして使用
  • 自分の血液を使用するので、感染リスクがほとんど無くなり、痛みは血液採取の針の痛みがある

CGF再生療法の流れ

遠心分離機
  1. 採血した血液を遠心分離機にかけます。
    CGF作製専用のフィブリンゲルを作製するのに要する時間は15分程度です。
  2. 血小板濃縮フィブリン液を抽出します。
    抽出したフィブリン液は人工骨と混ぜたり、手術終了時に創傷を洗浄するのに使用します。自己血液から抽出されたフィブリン液を併用することで感染リスクをより少なくすることができます。
  3. 血小板濃縮フィブリンゲルを取り出します。
    患者様の血液を遠心分離機にかけただけですので、添加物が一切入っていません。
    再生医療機器を使用すれば回転数や回転時間を調整することによって、感染リスクの少ない血小板濃縮フィブリンゲルを作製できます。
  4. 再生治療に用います。
    作製したフィブリンゲルは骨を増やしたい部分に埋入したり、平たくつぶしてメンブレンとして使用したりします。
Page Topへ戻る