インタビュー|尾道市の歯医者・歯科|河上歯科医院

tel.0848-22-2882

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

加齢によるお口の変化など、患者さまの将来を考えてカウンセリングを行います

たとえ患者さまご自身のご希望でも、初診ですぐインプラント治療をすることはありません。それは、患者さまの将来を大切に考えているからです。インプラントはメンテナンスの継続が不可欠ですので、お年を召してお口やお身体の状態が変わった場合も考慮していただきたいと思います。メリットやデメリットまでよくお知りになってから、治療をご決断ください。

1本の歯を大切にするため、オーダーメイド治療を実施

1本の歯を治療して終わりではなく、1本の歯を大切にするために患者さまに合わせたオーダーメイド治療をすることが、当院のモットーです。

1本の歯を大切に守るためには、歯を清潔に保つことが欠かせません。当院では、歯科衛生士とともに清潔な口腔環境作りに取り組んでいます。当院の歯科衛生士は勤続年数が長い者が多く、歯周病についてよく学んでいます。一人ひとりの患者さまの症状が「どうしたら良くなるか」を考えて処置を施しますので、お口のお悩みをぜひご相談ください。

お口の健康作りの入口は、ご自分のお口について知ること

多くの歯を維持してお口を健康に保つためには、まずはご自分のお口の現状について認識してください。それを踏まえて、ご自分に合った予防をしていくことが大切です。自身の「歯を残そう」という意識が十分でないと、いくら歯科医師が頑張っても守って差し上げることができません。私たちから役立つ知識や方法をご紹介し、お手伝いしますので、一緒に頑張っていきましょう。

将来のお手入れ方法まで考え、治療方法の選択肢を提示しています

今お困りの症状に対する治療方法は、複数パターンがあり得るケースがほとんどです。そして、それぞれにメリットとデメリットがあり、今は良くても将来的にはデメリットに転じてしまうものもあります。例えば、インプラントのように念入りな歯磨きが欠かせない治療方法は、介護が必要になってご自分で歯磨きができなくなった場合のリスクも含めて検討しなくてはなりません。

当院では、治療した良い状態を長持ちさせるため、介護する方が簡単にお手入れできることも念頭にインプラントや入れ歯の設計を考えています。それぞれの特徴をよくお知りになってお選びください。

加齢によるお身体の変化が、インプラントのリスクとなることも

インプラントはご自分の歯のようにしっかりと噛むことができる、とてもメリットの多い治療方法なのですが、デメリットやリスクがないわけではありません。人間は加齢によって、顎やお身体の状態が変わるからです。少なくとも、歯はすり減り、噛み合わせが変わります。

お身体に変化がある可能性を踏まえてもその治療が望ましいと言えるのかを、私は自分に問いかけた上で患者さまにご提案しています。治療直後と同じ状態でずっと使えるとは限らないことも認識なさった上で、治療をご決断いただければと思います。

インプラントのリスクを承知で決断された方が印象的でした

インプラントは費用のご負担が大きい治療方法ですので、ご決断に迷いが生じることもあるでしょう。そうした治療方法にもかかわらず、デメリットまでよく理解なさって決断された患者さまのことが印象に残っています。

その方は60歳くらいの頃にインプラントを入れた際、「10年持てばいいから」とおっしゃったのです。実際には、90歳を超えた今でもインプラントはお口に残っていますが、それはインプラントのデメリットや定期検診の大切さまでご理解いただけているからこそだと思います。

今後も、インプラントをお考えの患者さまにはメリットも含めてよくご説明し、後悔のない選択をしていただきたいと思います。

歯科用CTと超音波骨切削機器が、当院自慢の設備です

私がインプラント治療に欠かせないと考え、活用しているのが歯科用CTと超音波骨切削機器です。歯科用CTはお口を立体的に把握するばかりでなく骨の状態を見ることにも役立ちます。歯科用CTで撮影したデータを基に作製するサージカルガイドは、手術のリスクを下げるのに欠かせません。

また、インプラント治療はドリルで骨に穴を開ける点が怖いという方は少なからずいらっしゃると思います。そのため当院では、超音波骨切削機器を使って、粘膜を傷つけずに骨だけを切る方式を採用し、患者さまのリスクやご負担の軽減に努めています。

虫歯予防には、食後20分~30分後の歯磨きがおすすめです

かつては食後すぐに歯磨きをすることが推奨されていた時代もありましたが、今では20分から30分待って磨くのがいいとされています。そのほうが、だ液による自浄作用が期待できるからです。

歯磨き粉や歯ブラシは、大手メーカーが新製品として発売しているものでしたら、どれでもかまいません。メーカーが研究・開発にかける熱意には、私も一目置いています。当院の歯科衛生士には、自分で使い比べている者もおりますので、よりご自分に合ったものを選ぶために相談なさってはいかがでしょうか。

私が患者さまの立場なら、歯科医師が複数いるところを選びます

もしも私が一人の患者として歯科医院を選ぶなら、歯科医師が複数勤務しているところに行きたいと思います。他院でセカンドオピニオンを取らなくても、同じ院内でほかの歯科医師の意見を聞いてみることができるからです。

当院には複数の歯科医師が勤務しており、実際に私もほかの者から意見を聞くことがあります。違う角度からの意見も聞いてみて、納得できる歯科医院で治療を受けてもらえたらと思います。

今後は、一人ひとりお口の状態に合わせた予防を推進していきます

私が歯科医師になったばかりの頃は、予防がこんなに盛んな世の中になるとは考えてもみませんでした。しかし、歯を失わずにご自分の歯でお食事をしていただくためには、予防がとても大切です。予防の方法が一人ひとり違うのはもちろんのこと、同じ方でもお年を重ねるとお若い頃とは歯並びが変わって歯磨きの方法も違ってきます。昔から来てくださっている方でも、今の時点でのその方のお口を診査診断し、アドバイスをしていきたいと思います。